こうじ酵素は自分で作れる!?その作り方とは?

投稿日:2018年4月26日 更新日:


こうじ

インターネットでこうじ酵素と検索すると予測キーワードに「こうじ酵素 作り方」という物がありました。

え?こうじ酵素って作れるの?と思い調査し、記事にまとめました。

もし作れるのであればそれはそれでもっと安上がりになる可能性がありますからね!

麹で作る酵素液の作り方が記載してありました。

麹酵素液(しょうが)の作り方

生姜と麹酵素
出来上がり 麹酵素液(約1リットル)

材料

  • 生姜 1kg
  • 砂糖 1.1kg
  • 米こうじ 100g

①漬物樽の底が見えなくなるまで、砂糖を漬物樽の底に敷きます。
(このとき、全部は使いません)

②生姜を3mm程度の厚さでカットします。

③カットした生姜を入れ、砂糖をまぶします。
このとき、生姜をすべて入れるのではなく、複数回に分け、生姜⇒砂糖を繰り返します。

④生姜を敷き終えたら、砂糖を上部を覆い、最後に米こうじをまぶします。

⑤密閉せず、蓋をし、暖かい部屋で発酵を待ちます。
(このとき、砂糖が底に沈んでしまうので、1日2回を目安に混ぜましょう。)

⑥1週間経過したら、ザルなどで漉して、出来上がりです。

出来上がりは冷蔵庫で保管しましょう。

1リットル作ると約50杯分使えます。

こうじ酵素自作のメリットとデメリット

上記の方法で、こうじ酵素液を自作でつくることが可能です。

では自作で作った場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

こうじ酵素液自作のメリット

味を楽しむことが出来る

生姜だけでなく、青みかんや梅など、自分の好きなフルーツなどでつくることも可能です。
気分によって味を自分好みに出来るのは良いですね!

こうじ酵素液自作のデメリット

とにかく手間

1週間以上かかるし、毎日2回混ぜる作業もあります。

毎日2回混ぜて、1週間待つのは結構な時間と労力を使います。

意外とコストがかかる

生姜を1キロ買うと1200〜1500円程度はするでしょう。(国産の場合)

その他、砂糖や米麹を買うと、2000円を越えるでしょう。

漬物樽が無い方は漬物樽の用意から始めなければなりません。

自作で安く済ませようと思っても意外とコストがかかってしまいます。

保存があまり効かない

発酵品ですが、塩分が含まれているわけではないので基本的に保存は効かないと思ったほうが良いです。2〜3日で飲み切るのが理想でしょう。

50杯分を2〜3日で飲み切るというのはちょっと無理がある話。

かといって、あまり材料を減らしてつくると発酵具合に影響が出る場合があります。

お友達と分け合ったりするなら良いかもしれませんね。

液体だから手軽に飲めない

液体なので、基本的に外出先などで飲むことはできません。

確かに生なので体にいいとは思いますが、手軽に飲むのはなかなか難しいところです。

においが気になる

発酵品なので、においは結構臭います。

臭いが気になる方は、自作はやめたほうが良さそうです。

こうじ酵素は作れるのか?まとめ

こうじ酵素は液体ですが、手作りすることはたしかに可能です。

ただし、費用、時間、手軽さなどをトータルして考えると、メリットよりデメリットのほうが大きいです。

手軽に安く麹酵素を摂取したいなら、やはりこうじ酵素を飲むのがベストだと私は思います。

こうじ酵素の最安値はこちら

こうじ酵素はどこに売ってる?最安値はAMAZONなの?

-こうじ酵素について
-, , , , ,

Copyright© こうじ酵素の悪い口コミ、ダイエット効果、危険な副作用と楽天や市販の販売店、解約の情報まとめ! , 2018 All Rights Reserved.